佐野屋神具店は、清荒神参道の神具・仏具・お墓用品を取り扱っております。兵庫県宝塚市。

佐野屋神具店 お気軽にお問い合わせ下さい
ホーム 取扱商品 店舗情報・アクセス 清荒神について リンク

    中神宮

    神棚の祭り方

    禍から私たちを守り、幸福へと導いてくださる神様を、うやまい、信仰の念を忘れない家族には福徳円満が訪れるといいます。

    1.神棚の位置
    居間、または、家族が親しみやすい部屋の、明るく空気の清浄な高い位置に、南向き、もしくは東向きにしてまつります。二階建ての階下や、マンション・アパートなど、階上に家屋がある場合は、天井に「雲」と書いた紙を貼ってまつります。

    2.神札のおさめ方
    神札は、毎年新しく新しくお受けします。
    ◆神棚が大きい場合(三社)
    正面中央に、伊勢の大神宮さまの神札、向かって右が氏神さまの神札、左が信仰する神社の神札をまつります。
    ◆神棚が小さい場合(一社)
    一番手前に、伊勢の大神宮さまの神札、その後に、氏神さまの神札、一番後に信仰する神社の神札の順に重ねてまつります。


    3.お供えするもの
    ◆毎朝お供えするもの
     ・お米(洗米もしくは御飯)・お水・お塩・榊(枯れないうちに取り替えましょう)
    ◆一日、十五日、お祭りのときは、お酒や海山の産物、季節の果物や野菜、初穂などをお供えします。


    4.神拝の作法
    ◆二拝、二拍手、一拝の作法でお祈りします。
     .願いごと、心に思うままのことをお祈りします。
     .次に、二回深くお辞儀(二拝)、それから二回拍手を打ち(二拍手)、最後に一回深くお辞儀(一拝)をしてしりぞきます。


    5.神棚を取り替える場合
    年末年始、新築、開店(店舗または会社・事務所の新設)、結婚式、銀・金婚式、入学式など。
    ◆新しい神棚は神社でお祓いをしてもらうか、略式でお塩を新しい神棚にふりかけ清めてからまつります。
    ◆古い神棚や神札は、神社に持っていき、かがり火の中で燃やしていただきます。



    • 家庭の中の小さな神社です。

      [価格] 3,600円

      [サイズ] 約 幅30,0×高さ30,0×奥行12,0 (cm)

    関連商品